ホーム » ジャンル » » 【神田 居酒屋】神田 光壽(こうじゅ)

About us

About us

アーカイブ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

【神田 居酒屋】神田 光壽(こうじゅ)

三軒目は、ここより日本酒を美味しく頂ける店はないだろう、と自信を持ってお勧めできる神田 光壽(こうじゅ)

JR神田駅から、ちょっぴり歩けばすぐに着く。
店内は36席でさほど広いわけではないが、いかにも「日本酒が大好きです」という客で常に店内が埋まっている。
舌に自信のある、或いは味に喧しい人間を満足させ続けることができている証左だろう。





ここは人気店のため、フラっとは入ることは殆どできない。一週間程度前から予約を取っておくことを推奨する。
これは手続き的な話だけでなく、予約特典として「お通しプレート」を出してもらうことができるという意味もある。
これがまた非常に素晴らしく、この時点で相当テンションが上がる。

よく「良い店はお通しがよい」と耳にするが、まさにそう。3月にお客さんの送別会で行った時も大好評だった。
(ただ、このプレートに加えて椀のものまで出してくれるため、この時点で食が細い人は満足してしまうかもしれない)

ビールとお通しで一息ついたら、早速日本酒メニューに行ってみる。まずは、焼きものと「作(ざく)」あたりか。
(ガンダム世代を連れていくと、間違いなく「ザクとは違うのだよ」的なことを言い出すが、苦笑い後スルーで)

せっかくなので、鳳凰美田、東一、磯自慢あたりも是非ご賞味頂きたいところだが、「好きだけど、そんなに強くないのでたくさん飲めないよ」という人もいるだろう。

そんな人に朗報なのが、この店はお酒をショットでも頼めること。酒豪でなくとも色々な種類を味わうことができるので、飲み比べが楽しい。
ただ「クイクイ行けてしまう酒も少なくないので、逆に危険」という見方もあり、平日の利用にはご注意を。

さて、腹も落ち着いたらじっくり飲むモードに入るが、おつまみで一押しなのはクリームチーズの味噌漬け。
どこにでもあるじゃん、と思うかもしれないが、さに非ず。

ここ光壽では、一口に味噌漬けといっても八丁味噌や西京味噌など四種類が用意されているのだ。
当たり前のように盛り合わせで頼む。食べ比べて品評しながらだと、酒もすすむ。
たまにチーズと日本酒なんか合う訳が無い!という偏見を持つ人もいるが、まずは味わってみては如何か?

あとは沢庵を燻した「いぶりがっこ」と「たらこの味噌漬け」なんかあれば、いくらでも飲める。

さて、折角の味に水を差しがちな要素が、店員の質。良い気分が台無しにされて、こんな店二度と行くか!となることもあるが、しかしそういった点でも、この店は安心。

よく店員さんに「おすすめは?」と聞くと、あからさまに取りあう気が無かったり、在庫がダブついているメニューを機械的に頼ませようとしたり、いたずらに値段の高いものをオーダーさせようとしてくることもあるが、ここは違う。
お酒のこともよく勉強しているのだろう。こちらの無茶振りにも各人の感性で応えてくれ、アドバイスをしてくれる。

お店に入ってから出るまで顔がほころびっ放しの良い場所で、とても気に入っている。


【2013/10/09再訪】
昔お世話になった元お客さん&取引先と再訪。
今度は、ちゃんと写真があるよ!




関連記事:


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です