ホーム » ジャンル » ラーメン » 【三田 ラーメン】ラーメン二郎(らーめんじろう) 三田本店

About us

About us

アーカイブ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

【三田 ラーメン】ラーメン二郎(らーめんじろう) 三田本店

The time has come。

田町の労働局に行くことになったので、以前からチャンスを狙っていたラーメン二郎へ。
「二郎」という名前には、ラーメン好きとして避けて通れないものがある。





にちゃんねるで有名な、二郎コピペは果たして本当なのか?

本当に食べるのが遅かったら怒られるんだろうか?
まさか、早食いの私がスピードで後れを取ることはあるまい。

ラーメンオタクが絡んできたりするんだろうか?
まぁ、その時はその時だ。


慶應大学を過ぎて、お店発見。
いまや一大勢力と言える二郎の本店にしては小さいな、というのが正直な感想。
食券を買い、20分少々待っただろうか?
席に着いて、程なくして提供される。
IMG_1450_small
これは、ラーメン小の全部普通。
(ヤサイとかアブラとかを増量しない、デフォルトの状態)
大食らいで図体のでかい私がラーメンの「小」を頼むなんて屈辱的、
と思っていたが、どうやら正解だったらしい。
小だというのに、間違いなく500gはあるんじゃなかろうか。
おまけに、野菜に隠れているチャーシューも凄い。
なんというか、厚みや大きさ的にはステーキと呼んだ方がしっくりくる。それが2枚。
IMG_1451_small
スープ。
かなりの脂の含有量。
提供時にレンゲがついておらず、手の届く場所にもない。
何だこの店、と思ったが、要はこのラーメンのスープは飲むもんじゃないということか。
IMG_1452_small

味の方はというと、決して悪くなかった。
むしろ、何か月かに一度は良いかな、という感じ。
トッピング次第で1000円を超す店も多い中、有名になっても600円というのも好印象。

しかし、量が多すぎだろう。さすがに。
大食いの私がコンディションばっちりの昼メシに訪問して、「小」を頼んで、食べきった時点で腹九分目を少し超過しているくらいなんだから。大盛りを頼んだら、絶対四人家族で丁度いいくらい?

食後に液状ソルマックのお世話になったのは、言うまでもない。




関連記事:


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です