覚醒のメリットとデメリット、パーティコスト

たくさん強化をして育ち切ったキャラが、次のステージに行く。
そんなロマンある行為が、「覚醒」です。

今回は、覚醒の概要について触れたいと思います。





覚醒については、簡単に言えばレアリティ(☆)が1つUpし、レベルが1に戻るのですが、まずはざっくり書きます。

覚醒するメリット
・レアリティが高い方が、とにかくカッコイイ(自己満足)
・素早さがUpすることがある(キャラによってUp頻度は異なる)
・レベルが1に戻るので、またレベルを上げてステータスUpができる
・スキルやパーティスキルが、ものによっては威力や効果が単純にUpする(例:敵単体に攻撃力10倍 → 敵単体に攻撃力15倍)
・強化の素材を活用する幅が広がる(レアリティ2のキャラが3のキャラを素材に使っても効果は高くないが、3のキャラが3を素材にすると効果大)
・フレンドができやすくなる(単に強いキャラの方が、申請が来る件数が増えたり承認されやすい)
・ゲストで招かれやすくなり、ゴールド収入が増える

覚醒するデメリット
・覚醒のために必要なアイテムやゴールドの確保が必要。下手すると一週間待ち。一発で落ちるとは限らないため、たくさんのクエストコストや時間を要する場合も
・稀にステータスが下がる場合がある(丸め誤差の修正?ナイトガンダムで確認)
・コストが上がり、場合によってはパーティ崩壊の危機(コストは、☆1つの場合のコスト × レアリティ)
・スキルの性質が変わり、敵一人あたりのダメージが落ちる等があり得る(例:防御力を半分にし、敵単体に攻撃力13倍 → 防御力を半分にし、敵全体に攻撃力3倍 )
・覚醒のために必要なキャラやアイテムがBOXを圧迫する

覚醒するための条件
・そのレアリティで最大のレベルに到達していること
・☆5でないこと(もう上がらない)
・必要なアイテムやキャラおよびゴールドが確保されていること

といったところでしょうか?
特にコストが上がることは致命的で、パーティが組めなくなってしまうこともあることには充分に注意してください。

ちなみに、コストが上がったことで今までいたサブ2のメンバ等を好感しなければならない場合、「コストが安い」「素早さが高い」「防御力が高い」という特徴を持つメタルアッザムが便利です。
帳尻合わせのメンバーでも、要らないパネルを消したり次のターン大ダメージを与えるための配置を作るためには、いた方がよいです。


では、実際に覚醒してみましょう!
実験には、ゴブリンザク君が参加してくれることになりました。
※画像ではレベルが最大ではありませんが、直後にMaxになっています
2013-10-26 12.35.03_small
覚醒が終わりました。
ちなみに、覚醒には大成功や超大成功はありません。
2013-10-26 21.12.34_small
今回は、☆4から5への覚醒です。
ゴブリンザクは☆5になってもコストが23なのがスゴイ!
でも、スキルが「防御力半分、敵単体に攻撃力13倍」から「防御力半分、敵全体に攻撃力3倍」に変わったため、HPが異常に高い後半のボス戦が苦手になってしまいました。
2013-10-26 21.12.39_small
土属性の低コストパーティには重要なキャラですが、単体向けのスキルダメージが低くなってしまったことと、素早さの伸び率が悪いことが難点でしょうか。
また、パーティスキルのHP倍加も、後半になると素のHP自体が高くなってくるため、重要性も薄れてきてしまいます。
2013-10-26 21.25.04_small

ゴブリンザク、戦士ザク、戦士ドム(場合によってはゴブリンザクでも戦士ザクでも)あたりのパーティは、低コストで組める本当に良いパーティです。
私は、ある程度パーティコストが高くなる中盤までは安価に全員☆3が組めるこの土属性パーティでした。

さすがに後半はリーダー戦士ドム&フレンド戦士ドムくらいにしないと火力不足になってしまいますが、あくまで参考までに。





関連記事:


WordPress theme: Kippis 1.15