トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

fawerfsfawer

Last-modified: 2017-06-12 (月) 16:30:00 (547d)
Top / fawerfsfawer

連載開始から一度も休載せず、来年で50周年を迎える日本一長寿のマンガ『ゴルゴ13』。その作者さいとう・たかをが、6月7日、記念開催される作品展の記者発表会に出席した。

 50年前を振り返り、さいとうはこう語った。

「この仕事をはじめたときは、シアリス 通販どれだけやれるんだろうと不安でいっぱいでしたが、ひとつの作品を50年間も描かせていただけるとは夢にも考えていませんでした。

 本当にありがたいことで、50年もよく描いたなと思っていたのですが、担当編集者からは『50年は折り返し地点』と言われまして(笑)。そこまで生きられるかなって笑ったんですけども、がんばれる限り、がんばっていきたいと思います」

 会見では、過去にお蔵入りになった幻のエピソードがあったという話も飛び出した。

「イランのホメイニさんが偽物だって話を書いたんですよ。ものすごくおこごとをいただきまして、イランの人が読んでるのかって驚いたんですけど(笑)。標的にしたらおもしろいなって人はいっぱいいるんですけど、思うようには描かせてもらえませんね」

 さらに、日本の政治をテーマにとりあげる予定があるかを尋ねられ、「生々しくて面白くなくなる。あと、こういっちゃなんですけどね、あんまりおもしろくないでしょ、日本の政治は」と辛口のコメントも。

 5月12日に発売された雑誌『ゲッサン』掲載のインタビューでは、自身の過去作『バロム・1』の平成版を自分で描きたいと語り、今年81歳となるいまなお、創作意欲はまったく衰えていない様子。

 その一方、「威哥王最近はゴルゴにもコンピューターとかITとか出てくるやろ…正直しんどい…」とも語っているが、会見でも語ったとおり、新しいテクノロジーにも負けず、末永く連載を続けてほしいと願うファンは多いだろう。